PC FPS Games.net

Oculus Riftに最適なFPSはTitanfall

2014-01-15 カテゴリ:その他 ハードウェア タグ:


201401151300

Oculus Riftのバージョンアップしたやつが今やってるCESで公開されてるんだって。
CESっていうのは家電の見本市みたいなやつだったと思う。多分。

それで4gamerでレポ記事があった。

http://www.4gamer.net/games/195/G019528/20140110065/

以前のものに比べて動作が正確になって表示がキレイになったらしい。

「Oculus Rift」ってのは「頭の動作に追従して表示されるディスプレイ」みたいなもん。加えて、左右の眼それぞれに、視差情報を加味した少しずれた映像を表示するので、立体視が可能になる。

ひと言でいうと、仮想空間を最も現実的に表示できるデバイスなんだそうだ。

4gamerの過去の記事にもっと詳しく載っている。

http://www.4gamer.net/games/195/G019528/20130517052/

これがFPSにも取り入れられれば、今以上にリアリティのある体験が出来るようになるかもしれない。

で、実際すでにTF2なんかではこのOculus Riftに対応した画面出力が可能になってるんだって。

そのプレイ画面があるので下に貼っとく。

Team Fortress 2のRift対応版をプレイ中の様子(※音声なし)

Omni + Rift = True VR (TF2)

上の方はOculus Riftのみ使用で、下の方はさらにvirtuix omniっていう移動をシミュレートするデバイスも使っている。

virtuix omniについては別に詳細記事があった。
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20140109100/

それでよく見ると分かるんだけど、上の方では視界の中心とクロスヘアが重なっていない。しかし下の方では中心にクロスヘアがある。

これがどういうことかって言うと、Oculus Riftを使う場合、マウスでのエイムと頭部でのエイムの2パターンがあるんじゃないかってこと。

視界の中心とクロスヘアが必ずしも一致しないということは、実はかなり大きな変化だと思う。

4gamerの記事にあるように、左を見ながら右の敵を撃つような、これまで不可能だった動きも可能になる。しかし一方で、首を動かす速さがターンの速度を制限してしまう感じもする。

そこでOculus Riftが間違いなく威力を発揮するのは、Titanfallみたいな乗り物FPSじゃないかなと思った。

乗り物には「乗り物自体の向き」と「乗員の向き」の2つの向きが存在する。乗り物の向きは今まで通りキーボード+マウスで操作し、乗員自体の向きはOculus Riftで操作する、という形であれば最も無理がないように思う。

TitanfallもOculus Riftに対応するという記事がある。もしその通りならすげえ楽しみ。

http://www.ign.com/articles/2013/07/23/titanfall-may-support-oculus-rift

最新記事

今日のアクセスランキング

Sorry. No data so far.


人気ブログランキングへ