PC FPS Games.net

BF4 当たる手榴弾の投げ方

2014-02-26 カテゴリ:Battlefield4 タグ:


03

手榴弾は全クラスが所持可能な基本装備でありながらとても特殊な武器だ。

どこが特殊なのかというと、投擲により曲射弾道を描くところ。武器としては迫撃砲に近い。

BF4の迫撃砲は、マップ上で落下地点を指定して発射する。なので、マップを見て敵がいるところ、あるいはマップ上で敵がいそうなところを狙って撃つ。

手榴弾の投げ方も基本は同じ。

画面上では見えないがマップには表示されている、という敵に対して手榴弾はとても有効だ。画面上で見える敵は銃で倒せばいい。

逆に、見えている敵に手榴弾を使うのはあまりよくない。相手からもこちらが見えるので、投擲中にやられやすいからだ。

BF4での実例を挙げてみる。

こちらは遮蔽物の後ろにいて敵に有利なポイントから狙われている、という場面。突っ込みすぎた時とか、わりとよくあると思う。

00
ミニマップ上の表示図

01
状況のイメージ図

後ろの味方がスポットしてくれているので敵の位置はわかる。でも頭を出すとやられる危険が高い。

そんな時はまずミニマップをくるっと回して敵の位置を正面に捉える。

02

そしたら手榴弾の投擲距離を考慮しつつ、投げる高さを変えてポイポイ投げる。そうするとどれか当たってくれるので、運が良ければ倒せる。複数投げるのでV40 MINI推奨。

03

余裕があるなら、まず最初に1個投げてヒットマークが出るか試すのもいいと思う。ただこの場合、逃げられる可能性もあるけどね。

マップを完全に覚えているなら1個で確実に当てられるかもしれないけど、BFの広いマップでは全ての構造を覚えきるのは難しいと思う。

画面上で「敵はここにいるだろう」と思っていても、実際の居場所とは必ずしも一致しない。しかし、ミニマップ上の表示は100%確実に正確だ。だからそちらを信じて投げた方が当たる確率は上がる。

BF4に限らずいろんなFPSで応用できると思うので、こういう投げ方をしたことが無い人は試してみて欲しい。

最新記事

今日のアクセスランキング

Sorry. No data so far.


人気ブログランキングへ