PC FPS Games.net

BF4 CTE 夜戦上海が暗すぎて怖すぎた「INFILTRATION OF SHANGHAI」

2015-02-15 カテゴリ:Battlefield4 タグ:


2015021504

次期DLCにて配信予定とされるナイトマップ「INFILTRATION OF SHANGHAI」をCTEでプレイした。INFILTRATION=潜入とかそういう意味らしい。「上海潜入作戦」みたいな感じかな。

基本マップである「SIEGE OF SHANGHAI」の夜戦バージョンなのだが、とにかく暗い! 暗すぎる! 何も見えねえ! 超怖え!

BF4 CTE 真っ暗で何も見えねえ! 夜戦上海の恐怖

明かりのあるところではそれほどでもないんだけど、A→B間の路地裏とか真っ暗で本当に何も見えない。だからといってフラッシュライト点けるとすごく目立つし、じゃあIRNVとかFLIRにするかっていうと、それでもそんなに見えるわけじゃない。じっくり索敵しながら進むしかない。

2015021502
↑A付近の様子。とにかく暗い。

「INFILTRATION OF SHANGHAI」で俺が気付いた「SIEGE OF SHANGHAI」との違いは次の通り。
・ヘリが登場しない
・エレベーターが作動しない
・Cの位置がビル1階に変更
・CにMBTがスポーン
・CNが全拠点確保した状態でスタート

プレイしたサーバの設定はこんな感じ。
・3Dスポット無効
・キルカム無効
・3人称視点無効

ゲーム自体にもいろいろ変更点があった。
・ビークルの自動回復なし
・ヘッドショットはヒットマークが赤く表示

ビークルはメンテナンスつければ回復するのかもしれないけど、基本的には下がって修理するしかない。全体的にかなりハードコアな設定。

特に3Dスポットがないせいで敵の位置が分かりにくい。先に書いたとおり、IRNVとかFLIRとか試してみたけど、焼け石に水という感じ。ミニマップはあるので、そっちでしっかり敵の位置を確認しておくのが肝心だと思う。ミニマップに映りにくいサプレッサーが効果を発揮しそう。

2015021503
↑無いよりはマシ程度のIRNV。

一方マップについて言うと、屋上野郎のいない上海というのはなかなか快適。Cに向かう橋のあたりが激戦になりやすく、歩兵戦が熱い。

それとなぜか開始時点で片方の勢力が全拠点確保した状態で始まった。普通のコンクエラージのはずだったんだけど。BF3で言うところのコンクエアサルトみたいな感じなんだが、これはそういうゲームモードなのかよく分からなかった。

2015021501
↑開始時の画面。CNが全拠点を取っている。

ハードコアなサーバ設定もあり、全体的にかなり難易度の高いマップだと感じた。BF3のテヘランみたいな感じで考えていると、その暗さに面食らうと思う。リスポンしたとき画面が真っ暗で、自分の位置が全く分からなくなることがあった。

新鮮なのは間違いないが、ストレスも大きい。ローテで10回に1回くらいやるならいいかもしれないけど、夜戦マップオンリーだとかなり疲れそうだ。

最新記事

今日のアクセスランキング


人気ブログランキングへ